水中、食品中のマイクロプラスチックの分析

いくつかの研究では、人間と動物に対するマイクロプラスチックの有害な影響に言及しています。
マイクロプラスチック粒子は、ミネラルウォーター、魚、塩などの食品にも含まれています。
マイクロプラスチックは、1マイクロメートルから5ミリメートルのサイズ範囲の合成ポリマー(プラスチック)からなる微細な粒子として定義されます。
これらの粒子は、さまざまな方法で製品を汚染する可能性があります。
典型的な例は、包装および加工からの摩耗による汚染、または一部では意図的に添加されることによる汚染です。
環境への侵入経路は、下水システム、風、不適切な廃棄物処理など、多岐にわたります。
最近では、EUは2020年12月に改訂飲料水指令を採択し、同指令は2021年1月に発効されました。
加盟国は、2023年1月12日までに指令を国内法に移し、その規定を遵守しなければなりません。
飲料水指令は、EUの飲料水に関する主要な法律になります。
人間の健康を守るために、人間が消費することを目的とした水へのアクセスとその水質に関する法律です。
飲料水指令の改訂により、水質基準が更新され、環境ホルモンやマイクロプラスチックなどの懸念される汚染物質に対処し、すべての人にとって水道水がさらにきれいになることで、人の健康がより守られることを目的としています。
すべての食品事業の、人の消費を目的とする製品または物質の製造、加工、保存または販売に用いられる水を対象としています。
指令の特徴の中には、「環境ホルモンやPFAなどの汚染物質、マイクロプラスチックへの取り組み」といったことも盛り込まれています。

 

SGSでは、海外の法規制に準拠した分析を提供することが可能です。
また、海外で制定された規制情報を提供することも可能です。

SGSを選ぶメリット

SGSはグローバル企業である特徴を活かし、海外で話題となっている規制情報等をお客さまにいち早く提供することが可能です。

サービスご利用の流れ

 STEP 1  お問い合わせ・見積り依頼
ご依頼いただく前に、メール等で内容(特に食品の内容)をご確認ください。
 STEP 2  見積書の受領
 
 STEP 3  検体の発送
 
 STEP 4  試験の実施
 
 STEP 5  試験結果の受領

参考情報(外部リンク)

お問い合わせ

SGSジャパン株式会社
H&N事業部
TEL:050-1780-7912