人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理の認証

人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理は、農林水産大臣が定める日本農林規格「JAS規格」のひとつで、人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理について規定された制度です。
施設に対する施設要求事項や運用に対する管理用要求事項が規定されています。

SGSでは、人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理の認証サービスを提供しています。

人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理認証取得のメリット

  • 食品安全に対するコミットメントを実証できます。
  • 取引先(小売店、レストラン、カット野菜工場など)に対して顧客要求事項を満たす栽培環境管理能力をアピールすることが可能となります。
  • 会社のウェブサイトやチラシ等に認証マークを貼付でき、さらにネット販売における商品説明欄へのマーク貼付等により、B to BだけでなくB to C取り引きにおいても、JAS認証事業者であることをアピールできます。

SGSを選ぶメリット

SGSでは農場から小売りまでのサプライチェーンに対して様々な審査・監査を実施しています。
一次産業、食品製造、食品包装材製造、ホテル・ケータリング、飼料製造、輸送・保管等のカテゴリにおける業界トップクラスの審査実績と経験により、効果的な審査サービスの提供が可能です。

人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理の認証プロセス

 STEP 1  見積り依頼
見積依頼書をご提出いただきます。
 STEP 2  見積書の受領・申請書のご提出
正式なご契約となります。
 STEP 3  書類審査
文書類が規格要求事項を満たしているかを確認します。
 STEP 4  実地検査
実施状況を確認します。
 STEP 5  判定
判定委員会は、申請書、検査報告書およびその他の情報に基づいて申請者の認定の可否判定を行います。
 STEP 6  認定証発行
認定証を発行します。
 STEP 7  年次審査の実施
  1年に1回、年次調査を実施します。

よくあるご質問

Q.  製品にマークを付けられますか?
A.  製品に直接マークを貼り付けることはできませんが、ネット販売等における商品説明欄への記載は可能です。

 

Q.  講習会への参加は必須ですか?
A.  必須ではありません。SGSでは講習会は開催していませんが、規格要求事項と運用状況の差異を見つける「ギャップ分析サービス」を提供しています。

参考情報(外部リンク)

関連サービス

お問い合わせ

SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス
食品認証部
TEL:050-1780-7874