RoHS分析

化学物質管理「重要なお知らせ」「新サービスのお知らせ」「セミナー開催情報」はこちら

RoHS指令とは、電気・電子機器に含まれる有害物質の使用を制限し、人の健康や環境の保護に貢献することを目的とし、廃電子機器の環境に配慮した回収・廃棄を含む規則を定めたものです。

EU市場では電気・電子機器にRoHS指令に適合することが求められ、EU以外の地域でもRoHS指令に類似した規制が存在します。SGSは世界で数多くのRoHS分析の実績を持つ分析機関として、RoHS分析サービスを提供します。

EU RoHS指令概要

EU圏における、人間や環境に影響を与えないように電気・電子機器について有害物質の使用を制限することを目的とした指令です。2003年にRoHS指令(Directive: 2002/95/EC)が公布され、2011年には改正RoHS指令(Directive(EU)2011/65)が公布されました。
 

 対象物質 

対象物質名 閾値
鉛(Pb) 1000ppm
カドミウム(Cd) 100ppm
水銀(Hg) 1000ppm
六価クロム(Cr(VI)) 1000ppm
臭素系難燃剤(PBB, PBDE) 1000ppm

フタル酸エステル類

(BBP, DBP, DEHP, DIDP)

1000ppm

 

 RoHS分析サービス 

SGSジャパンは公定法(IEC 62321)に基づく各物質の精密分析(定量分析)およびスクリーニング分析サービスを提供しております。

また、次期追加候補物質として挙げられているMCCPsおよびTBBP-Aの分析も可能です。 

EU以外のRoHS指令

EU以外でも類似の規制を行っている国・地域があり、海外市場で販売される電気・電子機器では適合性が求められています。
 

 国・地域の一例 

EU圏以外の国・地域においても、EU RoHSに類似した規制が存在します。対象物質や対象製品カテゴリなど、国・地域によって規制内容が異なりますので、自社製品への規制内容を各国・地域において把握する必要があります。

地域

国名等

欧州

EU加盟国および相互協定締結国、英国(UK)、ユーラシア経済連合(EAEU)等

アジア 

中国、台湾、韓国等

中東 アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア等

上記以外にも、各種産業団体や地方(米国州法など)による独自規制も存在しています。

RoHS関連サービス

SGSジャパンでは、RoHS分析以外にも各国・地域のRoHS適合支援に関するサービスを提供しています。

SGSを選ぶメリット

  • SGSグループは、世界最大級の第三者検査・検証・試験・認証機関として、トップクラスの経験・実績・品質に基づいたサービスを提供しています。
  • グローバルネットワークを活かして各国・地域の環境トレンドへの対応を支援します。
  • 国内外のラボはISO/IEC17025:2017に基づく試験所認定を取得しており、分析品質には問題ありません。
  • IEC TC111 WG3にてIEC 62321規格作成に取り組む専門家が在籍し、分析および化学物質管理へのアドバイザリーによる支援も可能です。

サービスご利用の流れ

サービスご利用の流れ」をご参照ください。

よくあるご質問

よくあるご質問」をご参照ください。

関連ページ

お問い合わせ

SGSジャパン株式会社

C&P Connectivity 化学物質管理

TEL:050-3773-4510