温室効果ガス・環境・社会性パフォーマンスデータ検証

事業者の地球温暖化に対するリスクとチャンスに関する情報開示のニーズが高まっており、今やカーボンマネジメントは、国内外における排出量取引制度や排出量算定報告制度など、さまざまな温室効果ガス(GHG)関連の制度に参画する事業者だけでなく、すべての事業者にとって必要とされています。
カーボンマネジメントの第一歩は、自社やグループのGHG排出量について、正確に把握することです。

 

SGSでは、GHG排出量の報告に関する義務的および自主的なニーズの高まりに合わせ、GHG排出量のみならず、環境データ(廃棄物、水など)、社会性データの検証サービスを提供しています。
SGSは、報告された各データについて、完全性、一貫性、透明性、正確性があることを、妥当性確認審査または検証を通して意見表明し、保証します。

検証基準は、ISO14064-3(GHG算定の妥当性確認・検証に関するルール)や AA1000(英国NGO, AccountAbilityが発行する国際基準)など、お客様のニーズに合わせて対応しています。

温室効果ガス・環境・社会性パフォーマンスデータ検証をうけるメリット

  • 集計されたデータの正確性が担保できる。
  • 取引先、株主、投資家などに対する、企業イメージや評価の向上が期待できる。
  • 評価機関での評価の向上が期待できる。

SGSを選ぶメリット

SGSは、世界最大級の認証機関です。
グローバルネットワークを活用し、日本国内のみならず、海外サイトの検証を効率的に実施することができます。
また、ISO14001(環境マネジメントシステム)やISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム)、エネルギー管理士資格などを保有するエキスパートの知見により、多数の上場企業からSGSにご依頼、ご好評をいただいています。

温室効果ガス・環境・社会性パフォーマンスデータ検証の検証プロセス

 STEP 1  見積り依頼
見積依頼書をご提出いただきます。
 STEP 2  見積書の受領・申請書のご提出
正式なご契約となります。
 STEP 3  検証スケジュールの調整
検証項目ごとに検証スケジュールを調整します。
 STEP 4  事前資料のご提出
関連する資料を確認し、検証計画書を作成します。
 STEP 5  検証の実施
現地訪問(事務局サイトを含む)や分析的手続き等の検証を実施し、報告書を作成します。
 STEP 6  意見書・保証書の発行
  検証終了後、社内レビューを経て意見書・保証書を発行します。

よくあるご質問

Q.  提出する資料はどのようなものがありますか?
A.  検証対象の集計データ(月次、年次)、証憑類(取引伝票、月報等)、サイトマップ、エネルギーフロー図等をご提出いただきます。
検証対象によって、必要な資料が異なりますので、担当検証員が事前にご案内します。
検証項目ごとに検証スケジュールを調整します。

お客様の声

  • 不明確や不適切な部分について、適切にご指摘いただいた。
  • 例年、事前準備や弊社を取り巻く環境変化を鑑みて、検証に限らず多様な視点でご確認いただき、大変満足しております。
  • スムーズに検証作業を進めていただいた。

関連サービス

お問い合わせ

SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス
サステナビリティ部
TEL:050-1780-7871