生分解性試験・サロゲート試験

近年、海洋プラスチック問題などを契機に、消費者の環境及び包装材を含むプラスチック製品に対するサステナビリティに対する消費者の関心が高まっています。一方、バイオプラスチック、生分解性プラスチック、リサイクルプラスチックという表示するにあたっては、しっかりとしたデータを持っておく必要があります。


SGSでは、さまざまな試験・検証サービスで、サステナビリティーパフォーマンスをサポートします。

堆肥化可能試験 

堆肥化可能(composability): 試験では、下記4点のパフォーマンスを確認します。

  • Sustainability and Biodegradation(持続可能性と生分解)
  • Disintegration(荒廃)
  • Toxic Elements(有毒な要素)
  • Ecotoxicity(生体毒性)

 サロゲート試験 

代理汚染物質を用いたリサイクルプラスチックの安全性を評価します。
循環型経済への動きが高まっており、リサイクルプラスチック材へ注目が集まっています。
特に食品用途での使用にあたっては、安全性の確認が必須となっており、欧米ではガイダンスが確立しています。
食品用途に限らず、リサイクルプラスチックの安全性評価として注目が集まっています。
これらのガイダンスでは代理汚染物質を用い、リサイクル工程に沿って残留濃度を測定し最終的に成形品に対する溶出試験で評価を実施します。

SGSを選ぶメリット

SGSグループは、世界最大級の第三者検査・検証・試験・認証機関として、トップクラスの経験・実績・品質に基づいたサービスを提供しています。

お問い合わせ

コネクティビティー&プロダクツ
ソフトライン/ハードライン/貿易サービス
TEL:050-3773-4503