海外輸出用お茶の分析

お茶は世界中で飲まれている飲料のひとつです。
しかし、お茶だけでなく、農作物はその土地の気候により発生する害虫が異なることから、使用する農薬も異なります。それが理由で、国によりMRLが異なるため、海外の規制に準拠する必要があります。
SGSは世界中にラボがあり、そのような要求に対応した海外輸出用お茶の分析サービスを提供することが可能です。

試験項目 EU アメリカ 台湾 インド 韓国 オーストラリア 中国 ベトナム タイ 日本
残留農薬    
有害物質    
重金属    
機能性成分            
栄養成分        
微生物      
その他    

放射能

ラベルビュー  

その他、UAE、フィリピン、香港、マレーシア、シンガポール等にもラボがありますので、お問い合わせください。

 

SGSを選ぶメリット

SGSは、グローバル企業の強みを活かし、台湾のみならず他の国々向けに輸出するお茶の分析を実施することが可能です。
海外の規制に準拠した試験報告書の提供が可能です。

サービスご利用の流れ

 STEP 1  お問い合わせ・見積り依頼
ご依頼いただく前に、メール等で内容(特に輸出国)についてお問い合わせください。
 STEP 2  見積書の受領
 
 STEP 3  検体の発送
 
 STEP 4  試験の実施
 
 STEP 5  試験結果の受領

よくあるご質問

Q.  台湾以外に輸出するお茶の分析は可能ですか?
A.  はい。EUやその他の地域向けのお茶の分析も可能です。

参考情報(外部リンク)

お問い合わせ

SGSジャパン株式会社
H&N事業部
TEL:050-3773-4530