SQF認証

SQFとは、”Safe Quality Food”の略で、アメリカFMI(The Food Industry Association)が管理するHACCP手法とGMPをベースに構築された食品安全マネジメント規格であり、GFSI(Global Food Safety Initiative)から当初より承認されている規格のひとつです。

SQF 品質コード 第9版より、SQF以外の食品安全規格(FSSC22000/ISO22000/HACCP等)の認証組織でも品質コードの認証取得が可能になりました。

  • SQFの特徴
  • 製品ごとの認証が可能(製品認証)
  • 食品安全コードに加え、品質コードの認証が可能
  • 品質コードの認証を取得すると、製品にシールドと呼ばれるマークの貼付が可能

 

SGSでは、国内では数少ないSQFの認証機関として、SQFの認証サービスを提供しています。

SQF認証取得のメリット

  • 食品安全に対するコミットメントを実証できる。
  • SQFへの適合により、食品事故リスクの低減や予防が可能となる。
  • 小売業やブランドメーカーからの食品安全に対する要求を満たすことが可能となり、取引先による監査のコスト軽減が期待できる。
  • シールドを製品に貼付することにより、食品安全と品質への取り組みを消費者に直接アピールすることができる(品質コード取得の場合)。

SGSを選ぶメリット

SGSでは農場から小売りまでのサプライチェーンに対して様々な審査・監査を実施しています。
一次産業、食品製造、食品包装材製造、ホテル・ケータリング、飼料製造、輸送・保管等のカテゴリにおける業界トップクラスの審査実績と経験により、効果的な審査サービスの提供が可能です。

SQFの認証プロセス

 STEP 1  見積り依頼
見積依頼書をご提出いただきます。
 STEP 2  見積書の受領・申請書のご提出
正式なご契約となります。
 STEP 3  予備審査(オプション)
ご要望に応じて、準備の状況を確認します。
 STEP 4  初回登録審査
文書に基づいたシステムの導入・運用状況を確認します。
 STEP 5  サーベイランス審査
審査結果(スコア)によりサーベイランス審査を実施します。
 STEP 6  審査登録証の発行
審査終了後に審査登録証を発行します。
 STEP 7  更新審査
  1年に1回、更新審査を実施し、審査登録証を更新します。

SQF見積依頼書  word  (149KB)

参考情報(外部リンク)

関連サービス

お問い合わせ

SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス
食品認証部
TEL:050-3773-4525