ISO22301認証

ISO22301は、事業継続マネジメントシステム(BCMS)に関する国際規格です。
地震や台風などの自然災害、テロ、感染症、ITシステム障害など、組織の事業継続を脅かすような潜在的な脅威が現実のものとなっても、事業を継続させ、早期復旧を図ることを目的とした事業継続マネジメント(BCM)のための規格です。
組織が深刻なインシデント(事業中断を引き起こす状況)を経験したことがない場合でも、ISO22301に基づいたBCMSを構築・運用することにより、主要な業務プロセスや様々な脅威による影響を明確にすることができます。そして、最悪の事態に備え、レジリエンシー(復旧力)を改善するための措置をとることができます。
ISO22301では、組織のBCMSの有効性を確立、導入・運用、監視・レビュー、維持および改善するうえで、PDCA(計画・実行・点検・処置)サイクルを適用しています。


SGSでは、ISO22301の認証サービスを提供しています。

ISO22301認証取得のメリット

  • 効果的な事業継続マネジメントシステムの確立・運用管理を実証することができる。
  • 顧客をはじめとする利害関係者に対して、適切な事業継続マネジメントシステムを導入していることを示すことができ、信頼性が高まる。
  • 事業復旧能力レベルが向上する。
  • 競争優位性が確保できる。
  • 組織の評判、イメージの維持・向上が期待できる。
  • インシデントに対する財政的な影響が抑制できる。
  • リスクマネジメントが強化できる。
  • サプライチェーンリスクの低減につながる。
  • 定期的な審査を受けることにより、BCMSの形骸化が防止できる。

SGSを選ぶメリット

SGSは、世界最大級の認証機関です。
グローバルネットワークを活用し、日本国内のみならず、グローバル認証も可能です。
国内では2009年より情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)の認定を受けており、豊富な認証実績があります。

ISO22301の認証プロセス

 STEP 1  見積り依頼
見積依頼書をご提出いただきます。
 STEP 2  見積書の受領・申請書のご提出
正式なご契約となります。
 STEP 3  事前調査(オプション)
ご要望に応じて、準備の状況を確認します。
 STEP 4  第一段階審査
規格要求事項に適合したマニュアル、手順類(文書)の策定状況を確認します。
 STEP 5  第二段階審査
文書に基づいたシステムの導入・運用状況を確認します。
 STEP 6  フォローアップ審査
重大な不適合が指摘された場合は、フォローアップ審査を実施します。
※維持審査、更新審査の場合も発生する可能性があります。
 STEP 7  審査登録証の発行
審査終了後に審査登録証を発行します。
 STEP 8  維持審査
6ヶ月または1年に1回、維持審査を実施します。
 STEP 9  更新審査
  3年ごとに更新審査を実施し、審査登録証を更新します。

参考情報(外部リンク)

お問い合わせ

SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス
マネジメントシステム認証
TEL:050-1780-7870