SBT(Science Based Targets) アドバイザリーサービス

SBT(Science Based Targets)とは、2015年に開催されたCOP21にて合意されたパリ協定(産業革命前からの世界の気温上昇を2℃より十分低く保つことを目指す国際的な枠組み)のゴールと整合する、科学的知見に沿った削減目標の設定を求める国際イニシアチブです。
企業の目標設定に関する国際スタンダードとなっており、中小企業の間でも取り組みが広がっています。


SGSでは、SBTに対応する意義や重要性を解説するとともに、コミットメントレターの作成から、短中期・長期での削減目標の設定、そしてSBTiへの目標申請などをアドバイスします。

SBTに対応することにより期待されるメリット

  • TCFDやCDP対応において評価の向上につながる。
  • 企業イメージや企業価値が向上する。
  • ESG評価機関における評価が向上する。
  • 新規顧客・取引先および人財獲得が期待できる。
  • 既存顧客・取引先喪失および人財流出リスクの回避につながる。

SGSを選ぶメリット

SGSは、25年以上にわたり、サステナビリティ、およびESGサービスプロバイダーの業界リーダーとして、グローバルレベルで活動してきました。
SGSは、変化し続けるESGの対応について、グローバルネットワークを活用した最新情報をベースに最適なアドバイスの提供が可能です。

お問い合わせ

SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス
ESGアドバイザリーサービス
TEL:050-1780-7871