SGSジャパンはMOSH/MOAH分析サービスを開始しました

2022年08月26日

SGSジャパンは、2023年1月1日より発効するフランスの包装材に対する鉱物油規制に関し、MOSH/MOAH分析サービスの提供を開始しました。

 

【規制概要】

2020年2月10日、フランス政府は、廃棄物対策と循環型経済のために包装上の鉱物油を禁止する法律2020-105号を公布しました(第112条)。さらに、2022年には新たな規則(Arrêté du 13 avril 2022, the Decree)が公布され、鉱物油の定義と制限値が定められました。
一般向けの包装・印刷物への使用を禁止する鉱物油に含まれる物質が指定され、今後以下のように段階的に禁止される予定です。

 

  • 2023 年 1 月 1 日以降、1~7 個の芳香環からなる鉱物油芳香族炭化水素(MOAH)の規制値は 1%となります。
  • 2025年1月1日以降の要件は以下のとおりです。
     
  1. 1~7個の芳香環からなる鉱物油芳香族炭化水素(MOAH)の規制値:0.1%
  2. 3~7個の芳香環からなる鉱物油芳香族炭化水素(MOAH)の規制値:1ppm
  3. 炭素数16~35の鉱物油飽和炭化水素(MOSH):0.1%


*この規制では、インキの製造に使用される石油系炭化水素を原料とする油脂を[鉱物油」と定義しています。

 

【お問合せ先】

弊社ウェブサイト上のお問い合わせフォームよりご連絡ください。